スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010ファン感 感謝編

最初に・・
このエントリーには私の勝手な意見や愚痴めいたものが含まれます。
もし、不快に思われた方がいるなら申し訳ないと思います。
ですが、あくまでも私の個人的な思いであって、球団や選手達を批判するものではありません。
では・・


ファン感の締めくくりはODAさんの挨拶と、
お約束?のやりましたー!!で。
ファン感感謝編1
ODA選手と言えば26日の契約更改の際
やりました~等のファンサービスについて
「それは自分の仕事だと思っている。来年も一緒でいきましょうか。
何回もあそこに立って、何回も言いたいと思う」

と話したそうで、だからこそだったのかもしれません。

その時の会見を一部ラジオで聞いて
「(プロ13年目で)一番いい成績を残すことができたが、もうひと花咲かせたい。
谷繁さんが焦るくらい自分にムチ打っていきたい」

と、気合の入った本音が嬉しいのと同時に
「そっか、ODAさんて関西出身だったんだ」と思っていたのですが、

関西のノリ・・というか、ムードメーカーの役割をかって出てくれているだけあって
感謝祭では(特に紅白戦では)楽しませてもらいました。
紅白戦に関しては、あとから思えば
アナウンサーさんが2人いて、どうして実況中継してくれなかったのかしら?
という気もしましたが、
とにかくODAさんのマイクがなければシーンとしたドームで
ファンは黙って眺めるだけだったのかなと、寒くなる思いです。
ODAさんに感謝です。

ODAさんの打席でO・D・Aの声が出てたらな~と思います。
私も含めてですが、あそこで声を出して応援できてたら
選手もファンも一緒に楽しめたでしょうね。
ファン感ODAさんに感謝
大勢いても、リーダーシップをとる人がいないとうまくいきませんね(´Д`) =3
ファン感謝祭だから、ファンは何かを期待して見てるだけでいいのかと言えば
それも違うと思いますし、難しいところです。

次に感謝したいのがブーちゃんこと中田亮選手。
こちらも紅白戦ではODAさんの指示に従い、忙しく動き回ってくれました。
時にピッチャー
ファン感感謝編6
そしてキャッチャーも
ファン感感謝編7
ODAさんに「ブーちゃん、ブーちゃん」言われて
あせあせと動き回る姿は失礼ながら笑ってしまいそうになりますが
私は密かに、中田亮選手は真面目なタイプでいじられキャラではないのでは?
と思っています。
ODAさんのむちゃ振りにも焦ってましたし、
ルーキーだから仕方ないけど、ナゴヤ球場でも子供達にブーちゃんブーちゃん
言われてても、野球でいっぱいいっぱいな感じでしたし。
でも、もう引き返せませんね。
来年は1軍の試合でもっと結果を残して自信をつけて、
更にキャラを作り上げることで人気選手になってもらいたいなと思います。
頑張れブーちゃん(*´ω`*)
ちなみに私は、トンニ・ブタンコからブータンにあだ名をかえました(`д´ )ゞ

そして、最後は坂東さん。
坂東さんは仕事で呼ばれた人だから、盛り上げたり笑いをとるのは当たり前と言えば
そうなのかもしれませんが
トークショーでは、時には先輩目線、時にはファン目線で
坂東さんならではのトークの引き出し方で盛り上げてくれたと思います。

私の中でこのファン感の目玉は、英智選手&大島選手のトークで
プログラムを見ては
この2人が何を話すのか?
そもそも話が続くのか?
と、勝手に想像してヒヤヒヤ( ̄ロ ̄lll) とかしてたのですが
なんと1番面白いトークにしてくれてました。
ファン感感謝編2
野球ばっかりだから地デジ知らんやろ?
とか、ちょっと失礼なところもありましたが
何を言われてもボソボソと?マイペースに話す英智選手に
突っ込みを入れたりとか面白かったし。
ファン感感謝編3
森野選手に「お前外野行け!」とか言えるのも、ならではですね。
(守備の際、体が動いていないとか突っ込まれて・・)
ファン感感謝編4
何?この森野選手?思案中?

坂東さんは紅白戦の始球式でも3球投げてドアラと対決してました。
ファン感感謝編5
坂東さんにもありがとう(*´ω`*)
お疲れ様でした。です。

で、ここからちょっと愚痴っぽくなりますが、
アトラクション参加のできない私達は、少しだけ売店めぐりをして
久本選手と
ファン感感謝編8
新井選手を見かけたのですが
ファン感感謝編9
こちらはもう順番待ちもない無法地帯になっていて大変でした。

別の場所では、軽く人だかりに近付いてしまったら後から押されて抜け出せなくなり、
横に内野の方に入る通路があったので逃げたのですが、怖い思いをしました。
師匠も、ドームではじめて怖いと思ったと話していました。
子供達が足元をすり抜けて行くのはまぁしょうがないとして、
「この子達の後をついていけば前の方に行けるわ!」と言って
グイグイ押してきた女性はちょっと信じられない感じでしたね。

選手がいる売店でジュース買おう!
とか話してたのは本当に甘かったです。

幸い、おそらくケガをした方はいなかったのだと思いますが
そんなことがあればせっかくのファン感が台無しになってしまうので
ファンの中でも、イベントを成功させようという気持ちがないとなぁとか・・
でも、ああいう時は普通のテンションじゃない部分もあるだろうし、
難しいなぁと思いました(´。` ) =3

あとはアトラクション参加の方が、禁止されているサインを
書いてもらっているのを見かけたり、
内野の通路ですれ違う方が、空いてる席を探したりに必死の方が多く
かばんやカメラなどがバンバン当たって痛くて
その度になんかちょっと悲しかったですね。

そんなこともありで、選手や球団からのある程度ファンサービスは必要だけど、
それはどこまで?とか
ファンと選手の関係とか
へなちょこのくせに難しいことも考えてしまったところがありました。

でも、久本選手も新井選手も握手をしたり注文を聞いたりと、
笑顔で慣れないことを頑張ってくれてたと思います。
お2人にもありがとう、ですね。

また来年、目安箱など出ていれば、クレームと勘違いされない程度に
意見できたらと思います。
選手とファン、持ちつ持たれつの関係でいられたらいいなぁと思います。
そして、ファン同士も気分よく楽しめる関係作りができたらいいですね。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 中日ドラゴンズ
genre : スポーツ

10 | 2010/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
4478位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
604位
アクセスランキングを見る>>
ランキング
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。